スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第44話 大迷宮 道のり

マリオ:マルクが仲間になったのか!?
マルク:誰サ。このヒゲで、いかにもどこかの姫にふられそうな顔した奴は。しかも3又。
マリオ:~~~~っ!!?
リンク:ほら、抑えてください;;
カービィ:早速だけど、マルク。タブーは何処にいるんだい?
マルク:・・・大迷宮って場所サ
メタナイト:大迷宮か・・・迷いそうだな・・・
マルク:あぁ、そうサ。迷ったら・・・タブーの操り人形と化すのサ・・・
ヨッシー:え?じゃあマルクさんも?
マルク:いや、僕はタブーのコピー・・・いわばクローンサ
マリオ:じゃあ!技も全て同じじゃあ!
リュカ:てことは・・・マルクの力で僕も「ネス」に戻れるのでは・・・!?
マルク:無理サ あの力はタブーが僕を生み出した後に作ったのサ
マリオ:そうか・・・
リュカ:じゃあタブーを倒せばいいのですね。
マルク:まぁそういうことになるのサ。
ピカチュウ:まぁ、取りあえずその大迷宮へ行こうよ!
マリオ:そうだな。
マルク:歩いて行くのと 僕とカービィとメタナイトで飛んでいくのとどっちがいい?
ルイージ:楽なほうで。
マルク:わかったさ。んじゃ歩くサ。
ルイージ:工エェ工エェェ(;゚Д゚)エ工ェエ工
















一方 どこかの城。
タブー:くくくく・・・ バカマルクめ・・・余計な事をベラベラしゃべって・・・
???:始末しましょうか?
タブー:ああ、余計な草は刈ってしまおう。全員抹殺せよ。
???:了解しました。
タブー:期待しているぞ・・・ロイよ・・・

end...
ロイが敵に転びました。


今回の小説で前回(昨日のアレ)を許してもらおう・・・と思いました。

無理ですよね~;;

まぁまだ親子ネットには引っかかってないです。

さて、次回から大迷宮編です。

マルクの口調おかしかったら言って下さいね。
スポンサーサイト
プロフィール

りょ~ま

Author:りょ~ま
ようこそおいでくださいました!
申し訳ございません、
このようなブログで。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
今までの通りすがりのライダーの数
合計人数をチェックできます
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。