スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DQ1 ロトの血を受け継ぐもの

いつもどおり
パッパラパパパパラパパパパラパラパ~

パッパラ~ラ~ラ~ラ~ラララララララ~ラ~(OPテーマーだと思え)



朝起きたら王の兵隊が囲んでいた。まったく安眠妨害だぜ。もう起きたけど。

さぁ着替えようか、と思った瞬間拉致られた。ふざけんな。せめて顔ぐらい洗わせろ。

王「竜王が復活した。討伐せよ。ついでに姫も救出な。ワシ面倒くさい」

トンヌラ「あんたそれでも王か・・・」

仕方なく出発した。

銅の剣か。鋼の剣が欲しかった・・・が文句は言えまい。

スライムがあらわれた。倒して倒して倒しまくったらレベルが上がった。

これが世に言うレベルアップシステムか。

まずは情報収集だ。

トンヌラ「すいませ~ん。竜王って何処に居ます?」

村人「私が竜王だ。ワッハッハ」

いきなり最終目標発見。

斬ってしまった。村人が血眼になって俺を追いかけてきた。

後でわかったことだが、エイプリルフールだった。スマン。

そして、結構物語も進んだ。

多分、ロトが使ったと思われる爆弾がある。

・・・

袋に目一杯入っていた。相当のイカレ一行だった。。。

こんな奴の子孫だったのか・・・俺は・・・

すると、ドラゴンが現れた。

奥では誰かが「HELP!」と叫んでる。

しかし。。。このドラゴン。流石「ドラゴンクエスト」とタイトルに入ってるから強い。

スライム何か屁である。

そして、3時間の死闘を続け、ついに倒した。

俺の銅の剣が折れた。そろそろ、ロト一式を集めるか。

取りあえず、洞窟を抜けた。

「HELP!」

洞窟が大きい声で崩れた。

出られない俺涙目。

姫「助けてください~」

仕方ないので助けた。

そして、何とか抜け出した。

近くの村で今日は休んだ。

この姫はどうしよう・・・

このまま連れて行くと宿のおっさんが「昨日は楽しい夜でしたね。」とガイドブックに書いてあるので

野宿した。

朝起きると、姫は

HP0 MP0 LV99

のステーターだった。

取りあえず、教会へ・・・



そして竜王と決着!

竜王「どうだ?世界の半分をお前にやるぞ?」

半分かよ。全部よこせよ・・・

竜王に不意打ち。一撃で沈んだ。

いいねぇ やはりロトの剣は違うわぁ。

竜王「おのれ・・・!」

ピカー

竜王「その腸(はらわた)を食らい尽くしてくれるわ!」

明らかにセリフ・・・

おおかた、ゾーマの子孫だろうか。薬草やホイミが効いている。

闇の衣?そんなのありません。

んで倒した。

光の玉が光って世界が光、王の光も取り戻した。(光光うるさい?)

こうして、俺の長くて短い旅は終わった。

そして、トンヌラの名前はDQ5まで広がっていくのである。

=====○)д`);.・;゛;ブッ

あぁ、姫はどうでも良かった。このロトの剣だよ・・・

売れば・・・

=====○)д`);.・;゛;ブッ




最後は適当にまとめました。

眠いです。激しく。

次は・・・スライム視点で書きますか。
スポンサーサイト
プロフィール

りょ~ま

Author:りょ~ま
ようこそおいでくださいました!
申し訳ございません、
このようなブログで。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
今までの通りすがりのライダーの数
合計人数をチェックできます
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。